6dc53f64 ae89 433b 9a3d 66410e014582

【精神科看護師】転職に失敗しないためのノウハウとは

精神科看護師は人気の職となります。転職には失敗がつきものです。精神科看護師の看護師の転職に失敗しないために、転職を成功するためにどんなノウハウがあると有利に転職を進めることができるのか。精神科の看護師が転職に成功するに辺り、どんなノウハウがあると転職できるのかを確認したいと思います。精神科看護師の転職ノウハウを見てみましょう。

2017年12月17日

精神科から違う科への転職について

精神科は、看護師として働くとなると自分の精神面がしっかりしていないと患者様の訴えや妄想により、飲み込まれてしまう看護師の方もいます。

精神科に疲れて、一般科病院への就職をしようとしても技術的な面で不採用になってしまうことがあります。

例えば、小児科ですと小さな0歳児の見えない血管に点滴をする、嫌がる小さな子供の機嫌をとりながらの対応となってきますので経験がないと不採用になるケースが多くなってきます。

転職となってくると、精神科を脱出したいと思うと技術的な面に関しては先輩看護師や上司に指導をしてもらう、勉強会に参加する、自分なりに調べてみる、技術面は積極的に指導してもらうなどの覚悟をしていかないといけません。

面接時には、精神科で長い間勤めていたので技術面に関しては自信がないことを正直に伝えましょう。

また、今後ご指導を頂きたいといった誠実でこれから知識をつけていきたいといった気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

精神科への転職ノウハウとは

精神科に就職したいと希望に満ち溢れて転職を希望される看護師の方もいると思います。精神科は特殊な科です。

色んな事情があり、人生に疲れている方々、どうしようもないやるせない気持ち、精神科の家族を抱えた方々、幻聴、妄想などで苦しみコントロールできない自分の気持ちに怒りをぶつけてくる患者様、いろんな心の病に悩んだ方々が助けを求めてやってきます。

この悩みをしっかりと受け止めてあげられる、看護師になるためには忍耐力と精神力の強さが必要になってきます。

精神科で一番辛くなってくるのは、自分の対応に関していくら親切に対応しても妄想や幻聴に左右されてしまう患者様は看護師をせめてくる時です。

そんな行き詰った時は、上司や先輩看護師に一刻も早く相談するようにしましょう。

精神科では、看護師のバーンアウトが非常に多いです。悩んだときに相談できる、信頼できる、良いアドバイスを頂ける看護師さんを見つけておくと良いでしょう。

精神科では、こんな症状の患者様に対する対応についてといった症状別マニュアルも沢山用意してあります。

そういったマニュアルを通して、どういった対応をしていけばいいか考えながら対応し、患者様とコミュニケーションを取って信頼関係を気づいていきましょう。

精神科へ転職しても失敗しないために

精神科での看護師としての仕事は主に、患者様の話や訴えに耳を傾けることです。

また、観察としては表情やいつもと違う雰囲気や体調変化、精神面の変化に一刻も早く気付き対処することです。

精神科の患者様も、看護師を観察しています。

看護師が患者様に左右されることもあります。まず、そういった点も踏まえながら患者様と接していくことも大事です。

また、患者様の話はきちんと聞くようにしてください。

曖昧な対応では患者様は納得しないしクレームがきます。

先ほども書きましたが、患者様は看護師の対応も観察しています。これが失敗しないための肝となります。

できない約束はしない、患者様の訴え全てを聞きすぎるのもよくありません。

そういった点は、長年勤めると身についていきます。どんな対応をしていいのか戸惑った時は、上司、先輩看護師にすぐに相談しましょう。

また、看護師全体で対応困難な患者様に対しては、担当医に報告、相談、指示をあおぎます。

最後に精神科で働くメリットとは

精神科での注意点を書いてきましたが、良いところも沢山あります。

業務が話を聞くことが中心になりますので、ゆっくりと仕事ができます。業務に追われるといったことは、ほとんどありません。

基本的には残業が少ない、時間内に終われるといったメリットがあります。

人の話を聞くのが好き、心理学に興味があるといった看護師だと精神科が向いていると言えます。

また、患者様の訴えを良くきいてどんな心境なのか分析していく力も必要になりますが、自然と身についていきますのでゆっくりと時間や経験を重ねていきましょう。

また、患者様は純粋で看護師さんと話しをしたいといった患者様が多いです。

ですから、時間を見つけて話を聞くようにしましょう。

また、作業療法や音楽療法といった患者様と一緒にできることを見つけてすることで患者様の意外な一面も発見できます。

看護師も患者様と一緒に楽しむことで、患者様も楽しんでくれます。

こういった治療プログラムを通して患者様との距離を縮めていくことも大事です。

こういった点を踏まえ、精神科への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

記事のカテゴリ
  • 転職/復職
  • 看護技術
  • 悩み
  • キャリア
  • 免許/資格
  • 給与/待遇
新着記事